アトピーは遺伝が関係する?体験談から読み取れることとは?

親がアトピーになると、子供もアトピーになるという例が多いですよね。

しかし、遺伝性がなくても、アトピーを発症するケースは多々あります。

遺伝性があるアトピーには、どういった関係性があるのでしょうか?

一部の体験談から読み取れることを、記述していきたいと思います。

アトピーの遺伝性について

470185

(N.Kさんの体験談)

私はアトピーです。
特に身体が痒いということはありませんので、自分がアトピーだということに気づいたのは大学生の時です。

しかも自分が病院に行ったわけでもなく、きっと妹が同じ体質でなければもしかしたらいまだに自分のアトピーに気づいていなかったかもしれません。

私は小さい頃から目の下のくまがひどくて、睡眠が自分の中で十分にとれていようが疲れもしていないにも関わらずくまが消えることはなく、疲れがたまったり睡眠不足になると目の周りが真っ黒になる程でした。

それを不思議には思っていましたが、私自身は気にしていませんでした。

私は3つ下に妹がいるのですが、妹は私と違い美に関してすごく拘りを持っていて化粧も早くからしているような子です。その妹がくまが消えないことを、他の症状が皮膚科に行った時に聞いたようでした。

すると目の下の消えないくまに小じわが一本あるのはアトピーの症状だと皮膚科医師に言われました。

だから睡眠をとったり、血行がよくなっても完全にくまが消えることはないと言われました。

私は妹からその話を聞いて、自分自身がアトピーだということを知りました。

私と妹二人共にアトピーにも関わらず、両親とも全くアトピーではありません

 

父は時折身体が痒かったりするようですが、特にくまと小じわがあるわけではありません。

私と妹二人共にアトピーなのにどこからの遺伝なのかは正直全く分からないです。

しかし、私は結婚して子供ができて今二人の男の子がいますが、上の子にはアトピーが遺伝しています。一歳にも満たないときから目の下のくまに小じわが一本あり、この子においては身体もカサカサになりアトピーの症状が出ていました。

すぐに皮膚科に連れていきましたが親が片方アトピーであるなら、子供は7割から8割はアトピーになる可能性があると言われました。両親ともにアトピーだとその確率はもっと高くなるそうです。

そしてアトピーは小さいうちになると成長するに連れてなおる可能性が高いそうですが、成長して大きくなってからなると症状がひどいそうで治らないようです。

またアトピーとアレルギー体質も関係あるらしくアレルギー体質の子にアトピーの子は多いと言われました。

私はすごくアレルギー体質ですが、妹はアレルギー体質ではありません。

しかし息子もしっかりアレルギー体質でとてもひどいので可哀想だと思います。

息子は今でも特に冬場の乾燥した時期になるとアトピーがひどくでるのでステロイドやワセリン、かゆみ止めをつねに飲んでいます。

一方下の子にも目の下のくまに小じわが一本ありますが、冬場になっても身体が痒くなるわけでもなくアレルギーとは無縁の体質の子です。
私は女性ですし、妹とそろって色が黒いですし化粧で誤魔化すことも可能ですが、男性でこんなにくまが濃かったら化粧もできないですし今からとても心配です。

私と妹はくまを消すために美容皮膚科にも通い、薬を飲んだりもしましたが全く効果がありませんでした。
アトピーにも色々な症状があり、人によって症状の度合いや出方も違いますが皮膚科の医者の話を聞いていると遺伝体質が大きいのではないかと思います。

今は病院へ行っても、対処療法という形であり根本的に治せるわけではないのでこれから子供たちが大きくなる頃には何か治療法が見つかればいいなと願うばかりです。

目の下のくまに小じわの一本線がアトピーだということを知らない人も多くて、マッサージした方が良いとか疲れてるのとかたくさん誤解を受けて嫌な思いをすることがたくさんありました。

 

こんな症状が遺伝するのは辛いだけですし、何か遺伝しない方法やせめて治す方法があればいいと思いますし、そして誤解を受けないようにもっとアトピーのことを知ってほしいです。

解説

体験者は大学生のころにアトピーを発症しています。

しかし、親はアトピーではなく、突発的に発症しました。

体験者の子供は、アトピーの発症がみられています。

アトピーには遺伝性があるという事です。

アトピーは免疫力が低下すれば、発症しやすい病気なので、

自分が発症してしまうと、子供も、発症しやすい体質になってしまうと考えられますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ