アトピーになってしまう原因とは?なってしまったときの対処法

380574

アトピーになってしまう原因

今のところ、アトピーになる原因ははっきりとはわかっていません。

病院に行っても原因を確定してくれるわけではありません。

遺伝や体質的な問題はあるかもしれません。

 

親がアトピーやアレルギー持ちなら子供の皮膚は生まれつき弱くアトピーになる可能性もあります

 

また生活環境にも影響されます。日常の身近なものの中のアレルゲンに反応して痒みを引き起こしていることもあります。

 

そういう意味では、アレルギー検査をして自分の皮膚が何に反応するかを調べることも必要です。

 

食物にアレルギーがある場合や、ダニ、ハウスダスト、または動物の毛、花粉だったりします。

 

よく見落とされがちなのが、化学繊維に対するアレルギーです。

 

服が痒みの原因になっていることもあります。またシャンプーや化粧品など直接肌につけるものがだめだったりもします。

 

アレルギーがすべてアトピーに移行するわけではありませんが、原因の可能性としては高いです。

 

大人になってからストレスで発症することもあります。ストレスで免疫機能やバリア機能が低下して起きてしまうようです。

 

また、喘息の患者が治すためにステロイドを使いますが、ステロイドの使用を続けて喘息が治った後にアトピーになることがあります。

 

アトピーになってしまった時の対処法

アトピーを改善するには、自分の体を知ること、日々の生活を整えることです。

 

自分の皮膚が何に対して反応するかわかっているのであれば、できる限りアレルゲンを避けます。

 

汗をかくと痒くなったり花粉がつくなど外部刺激で痒くなったりするので、外から帰った時などこまめにお風呂に入って流水で洗い流すといいでしょう。

 

アトピーの人は耐えがたい痒みで皮膚を引っ掻いてしまい、傷ができます。その傷にはブドウ球菌など細菌が繁殖しがちです。

 

そうなるとますます悪化してしまいますので、傷口を清潔にすることが一番大事です。

 

爪を短く切っておくことも必要です。引っ掻いた時も短い方が傷が浅くてすみます。

 

掃除をこまめにし、ハウスダストやカビを防ぎます。肌に触れるものは洗剤や化粧品、衣服なども気を付けたほうがいいです。

 

化粧品が合わなければ敏感肌用のものを使う、もしくは化粧をしないなどの選択も必要です。

 

痒い時はニットや化学繊維の服は避けて、綿や絹など肌触りがいいものを身に着けると痒みはだいぶ楽になります。

 

アトピーは人によって痒みも部位も原因も違うので、一概にステロイドで炎症を抑えるよりも、自分自身を知って日頃からケアすることが一番です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ